薬膳のキホン 陰陽五行論

薬膳の基本

薬膳の根幹をなす思想に「陰陽五行論」というものがあります。

陰陽

「陰陽」は、いんよう、おんよう、おんみょうなどと読みます。
英語では yin-yang です。

「陰陽」とは・・
天地の間にあるものは、森羅万象、相反する二種類の気のどちらかに属し、
互いに対立しあい依存しあっているという考え方です。
その一方が「陰」でもう一方が「陽」です。
どちらかが良いとか悪いということはありません。

陰陽は天地を創造しています。
陽である気が昇り「天」となり、陰である気は「地」となります。

男女・昼夜・動静・表裏・剛柔・凸凹など・・
これらはそれぞれ陽と陰とされます。

体の部位で見てみましょう。

上半身は陽、下半身は陰です。
日が当たる体表が陽、当たらない体内は陰です。

体表は、日の当たる背中が陽、当たらない腹部が陰です。

体内も、内臓や血液などを、それぞれ陰陽に分類して考えます。
六腑が陽で、五臓が陰、という具合です。

陰陽は協調すべきです。
「陰陽のバランス」がとれていることが「健康な状態」ということになります。
逆にいうと、陰陽のバランスがくずれると病気が発生するわけです。

「陰陽」を示す象徴的なこの太極図は有名ですね。

ハワイのサーフブランド、タウンアンドカントリーのマークにもなっています。

五行

「五行」は古い中国の思想で、万物は「木・火・土・金・水」という五つの元素からなる
という考え方です。
これらの元素にさまざまなものをあてはめます。
つまり万物を五つのグループに分けるのです。
薬膳でよくつかわれる項目としては、季節、味覚、臓器など体の部位、邪気などがあります。

□季節(五季)
 木→春 火→夏 土→長夏 金→秋 水→冬 に対応します。
 長夏というのは、中国で夏の終わりに訪れる長雨の時期を指します。
 日本では、梅雨や台風の季節など、湿度の高い季節をイメージするといいと思います。
 また季節の変わり目である「土用(年に四回あります)」を指す考え方もあります。

□味覚(五味)
 木→酸 火→苦 土→甘 金→辛 水→鹹 に対応します。
 鹹というのは塩辛さのことです。
 しょっぱい塩(Nacl)の味というよりも、海産物のようなミネラルを含んだ味のことです。

□臓器(五臓)
 木→肝 火→心 土→脾 金→肺 水→腎 に対応します。
 これらはそれぞれ、肝臓そのもの、心臓そのもの(以下同じ)を指すというよりも、
 そのはたらきに関わる場所全般を指したり、メンタルな部分も含んだりしています。

□五気
 木→風 火→暑 土→湿 金→燥 水→寒 に対応します。
 これらは心身に影響を与える各季節特有の要素のことです。
 それらが心身に悪影響を及ぼす場合、それぞれの言葉の後に「邪」という言葉をつけて
 呼ぶこともあります。
 「風邪」「暑邪」「湿邪」「燥邪」「寒邪」となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました