働き方の変遷①~新卒OL時代

自宅起業家のつぶやき

私が大学を出て就職したのは、もう35年くらい前のことです。
私の周りは、一般企業に就職する学生が多くを占めていました。
そんな中私は、一応SEということで採用され、
コンピューター関連の会社で働き出します。
インターネットが一般に普及する前のことです。
まだITということばもありませんでした。

ときはバブル。
社会中が浮き立っていました。
下っ端のぺいぺいだけど、お給料をいただいて、
飲み会だテニスだスキーだ旅行だブランドバッグだと楽しんだものです。

入社して数年後、結婚してからは共働きの生活が始まりました。
(それをDINKSと言いましたね・・Double Income No KidS の略)

当時は「転職」というのは悪いイメージがありました。
会社を辞めるのは、ひとつのところに勤め続けられない人、
という見方をされたのです。
今なら「何言っちゃってんの?」という価値観だったのですね。
終身雇用、年功序列が当たり前でした。
ステップアップのため、とか、別の業界で働きたい、とか、
プラスの意味での転職は、年配の人には理解されづらい時代だったのです。

でも少しずつ良い意味での転職をする人が増えてきました。
私は最初に入った会社で7年弱働き、転職のために退職しました。
次の会社を決めずに退職しても、求人の多い時代だったのです。

が・・
会社を辞めて間もなく、第一子を妊娠します。

結婚や出産を機に会社を辞める女性が多かった時代、妊婦である私が、
新たな会社に入ることはかなり困難でした。
それからしばらく専業主婦という立場になります。。つづく

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました