「春の皿には苦味を盛れ」

家庭料理

薬膳では、春の味覚のキーは酸味なのですが、
もうひとつ、春に覚えておきたい味があります。

立春あたりから
野菜売り場に
春の香りを楽しむ食材が並び始めます。

どれも独特に苦味があって
とても美味しいものです。

春の皿には苦味を盛れ」とは・・

動物は食物のとりにくい冬場に備えて
秋の終わりから冬の初めにかけて
たくさん食べて体に蓄積します。

今の日本は食材が豊かなので
そんな必要はないのですが
長い歴史の中で
こんなに食物が豊富になったのはつい最近のこと。

人間も動物ですから
冬の間は食べたものを体に貯め込んでいるのです。
これを書いているのは早春ですが
今の私たちの体には
余分に貯め込んだものがいっぱい!(いや~)

でも嬉しいことに
この時期に採れる山菜類の持つ苦味は
脂肪などの余分なものを
流してくれる効果があるといわれているのです。
自然はその時期にあったものを供してくれます。
素晴らしいですね^^

つまり冬の体をデトックスして
春の体に変えていく。
それがこのタイトルの意味なのです。

ふきのとう(蕗の薹)
たらの芽
ウド(独活)
こごみ
うるい
菜の花
 ・
 ・

自然の恵みをいただきましょう^^

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました