【2月の薬湯】大根(だいこん)

ハーバルバス(薬湯)

2月の薬湯・大根

2月の薬湯は大根です。

【名称】ダイコン(大根)
【学名】Raphanus sativus
【別名】スズシロ、オオネ(大根)、シロネ、カガミグサ
【英名】daikon radish、Japanese radish
【原産】中央アジア~地中海地方
【種類】アブラナ科ダイコン属・多年草

「ダイコン」は春の七草のひとつ
「スズシロ」のことです。

大根は、
かなり活用度の高いハーブではないでしょうか。
(大根もハーブの仲間なんですよ)
ハーブは少量使用して、香りを楽しむものが多いのですが、
和食では大根の「根」を煮たり、漬けたり、おろしたり、
特に冬場の食卓には欠かせません。

大根の「葉」は、
多くの場合短く切られて売られています。
それは「葉」を残しておくと「根」の水分や栄養分がとられてしまい、
せっかくいただく「根」が貧しくなってしまうからです。

ときどき「葉」が豊かについた大根が手に入ります。
新鮮な証拠なので、
そのときはぜひ購入したいものです。
「根」がしおれやすくならないよう、
すぐに「葉」を切り落としてしまいましょう。

実は大根湯の主役は「葉」。
大根の薬湯には「葉」を使用します。

大根湯、大根干葉湯、大根風呂

 大根1本分の「葉」は洗って拭いて吊るし、
 風通しのいいところで乾燥させます。
 (天候や「葉」の状態にもよりますが一週間程度干します)

 干した葉(=干葉(ひば)といいます)は細かく刻んで、
 鍋に水といっしょに入れて煮出します。
  ※水から入れて沸かすのがポイント!
 これを漉してお風呂のお湯に入れます。

 昔は、刻んだ「葉」を布袋に入れて、
 水を張ったお風呂に入れて沸かしたそうですが、
 最近は、温め直しの効かないユニットバスなどもあるので、
 このようなやり方でご紹介しました。

大根湯の特徴

大根を用いる2月の薬湯には、
 新陳代謝の促進
 血行促進
 保温効果
 発汗作用(=老廃物の排泄)
 冷え性改善
 生理不順の改善
 風邪の予防
などの効果があるとして、
民間療法で古くから特に寒い地方で親しまれてきました。

大根の「葉」は、
「根」よりもビタミンCが豊富で、
ほかにもビタミンA、B1、B2や、
カルシウム、鉄、ナトリウムなどのミネラルも含有しています。

それにしても、毎日の食卓でこんなに活躍している大根が、
お風呂でも効果があるなんで素晴らしいですね^^

★ステキな文字は
 アート書家・堀内景子さん
 の作品です♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました