精油(エッセンシャルオイル)を用いる際のさまざまな注意事項

精油(アロマ)

ここでは、精油を用いる際のさまざまな注意事項について記しておきます。

○精油はとても濃度の高いものです。
 直接肌につけたり、内服、点眼はしてはいけません。

○一般のレシピは健康な大人を対象としています。
 子ども、老人、体の弱っている人、病気を患っている方、妊婦の方は、
 アドバイザーや医師に相談して使いましょう。
 ペットへの使用も同様です。

○妊婦、病気を持っている人などに対する
 禁忌事項のある種類の精油もあります。
 よく確認して使いましょう。

○購入の際は、100%天然の、
 原産地や学名がきちんと記されているものを選びましょう。
 安価過ぎるものは、ケミカルなものと合成している可能性があります。

○使用時は、適度に換気し、火気に注意しましょう。

○子どもやペットの届くところに置かず、
 冷暗所で立てて保管します。
 開封後は半年~1年くらいで使いきりましょう。

○日本では精油は雑貨として扱われており、
 医薬品として認められていません。
 自分で作成した化粧品などは自己責任で使用しましょう。
 また、他人への販売・譲渡は禁じられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました