七草粥【人日の節句】

季節の料理

七草粥とは

春の七草は、

 セリ(清廉潔白)
 ナズナ(あなたに全てをお任せします)
 ゴギョウ(いつも思う、温かい気持ち)
 ハコベラ(愛らしい、ランデブー)
 ホトケノザ(調和)
 スズナ(慈愛)
 スズシロ(適応力)

の七種類です。
カッコ内には、花言葉を書いてみました♪

「春の七草」は「春の七種」とも書きます。

これらをお米といっしょに炊き込んだのが「七草粥」ですね。

一般の人がお米を思うようにたくさん食べられなかった時代、
新年には貴重な米を神様に捧げ、そのお下がりをいただきました。
少しでも嵩が増えるように、たっぷりの水で「粥」を炊きます。
いわゆる「ごはん」をいただくなんて、贅沢の極みだったんですね。

また、食料の栽培や保存が今のようにできなかった昔は、
冬場には野菜を摂ることがむずかしかったので、
七草粥はビタミンやミネラルを補給できる、
なかなか気の効いたメニューだったのです。

これら香り高い七草は、和のハーブともいうべき植物たちです。

1月7日は節句で、無病息災を祈る日です。
節句というと、
3月3日のひな祭りや5月5日の子どもの日が思い浮かびますが、
節句は季節の節目を表した日で、年に5回あります。

・1月7日・・・人日の節句(七草の節句)
・3月3日・・・上巳の節句(桃の節句)
・5月5日・・・端午の節句(菖蒲の節句)
・7月7日・・・七夕の節句(星まつり)
・9月9日・・・重陽の節句(菊の節句)

となります。
1月7日は、五節句の一つ「人日」なのですね。

中国前漢の時代、1月1日から6日までの各日に、
獣畜をあてはめて占いを行う風習があったそうです。

正月の1日は鶏の日、
2日は狗(犬)の日、
3日は猪(豚)の日、
4日は羊の日、
5日は牛の日、
6日は馬の日。

それぞれの日には、その動物の殺生は禁じていたのだとか。

そして7日目を人の日(人日)とし、
犯罪者に対する刑罰は行わず、
七種類の若菜を入れた温かい吸い物を食べて、
一年間の無病息災を祈る日としていました。

それが、日本にも伝わり、
七草粥をいただく風習が残ったのだそうです。

厳密には、秋の七草を「七草」と呼び、
春の七草は「七種」というそうですが、
今では、どちらも「七草」ということが多いのです。

秋の七草は、
 ハギ
 ススキ
 キキョウ
 ナデシコ
 オミナエシ
 クズ
 フジバカマ
です。

秋の七草が観賞用で、
春の七草が食用というのもおもしろいですね。

そもそも、栄養を摂るためにいただいていた七草粥も、
今では、年末年始の豪華な暴飲暴食に疲れた胃腸を休ませる、
癒しの食事となっています。
時代が変わったということでしょう。

七草粥のつくりかた

ちなみに・・お粥は、米を水から炊き込むもので、
ごはんに水を加えてつくるのは、
本来「粥」ではなく、雑炊のひとつです。
ま、そうは言っても、家でお粥をつくるときは、
ごはんからの方が手間がかからずラクですけれどね。

七草は今どきは自分で摘んでくるのはほぼ難しいので、
スーパーマーケットで売られている七草セットが重宝します。
(お正月から1~2週間は売られていることが多いです)

正式にお米からつくってもいいですけど、
ごはんからつくれば時短になります。
たっぷりのお水に、ごはんと刻んだ七草を入れてコトコト・・

味つけは、シンプルに塩のみでもいいですし、
出汁やスープの素でアレンジしても。
私はよく、鶏がらスープの素や、野菜のコンソメを入れます。
梅干しを添えても美味しいです。

もし、皆さんが売られているものではなく、
野生で生えている春の七草を召し上がるときには、
十分気をつけてくださいね。
特にホトケノザは、最近ではあまり見つからないようですし、
似たような野草との区別もむずかしいものです。
毒のあるものと間違えないよう、注意が必要です。

 

関連記事
セリ
ナズナ
ゴギョウ
ハコベラ
ホトケノザ
スズナ
スズシロ

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました