日々の生活(Daily life)

私はずっと外で働く主婦だったので、
まぁ家のこともひととおりはやりつつも、
最も多忙だったころは、
4時半に起きて朝食・お弁当・夕食をつくり、
出社して早朝会議に出て、
残業またはお付き合いのあと終電で帰る、
というとんでもない生活をしていました。

月に1~2回くらい、疲れ切ると、
自腹で会社近くのビジネスホテルに泊まりました。
そうすれば、早朝会議の1時間前に起きれば間に合うため
睡眠時間がとれるからです。
家事だって、帰らないならやりようがない。
その日はサボっちゃうわけです。
とはいえ、やはり家族の食事は心配で、そういうときはカレーとかを
多めにつくったりしていましたけど。
実際は、夫だって子供たちだって食事くらいつくれたのですが、
なんか変に意地を張っていたのかもしれません。
ちゃんとごはんをつくる母でいたかったのかな・・

コロナ禍を体験し、
家で過ごす時間の重要性が見直されています。

コロナ以前は、当時の私のように、
仕事やお付き合いで早朝から深夜まで出かけ、
お風呂と睡眠のためだけに帰るというような、
そんな忙しい生活をしていた人たちが、

コロナ禍に晒され、
リモートワークになったり、
飲食店が閉まって外食できなくなったりして、
一日の大半を家で過ごすことになった、
という話をよく聞きます。

…今までお料理をしなかったけど、始めてみたら楽しい。
…手を付けずにいたクローゼットの中を大々的に整理した。
…気持ちにゆとりができて、リビングにお花を飾るようになった。

というように、
おうち時間を快適に過ごそうとする人が増えているのです。

本来、家は心身を休め、次の日への活力を備えるところ。

休まる場所、くつろげる場所、癒される場所、元気の出る場所・・
そこが家です。

家を快適にするために疲れるのは本末転倒。
なるべくメンドクサイことを省いて、キレイに保ちたいですね。

そしてせっかく四季のある日本に暮らしているのだから、
暦を大切にして季節に合ったあしらいを施したいものです。

おうち時間をヒーリングタイムに

これがこのブログのキャッチフレーズです。
日々の生活を楽しむ記事をお届けしたいと思っています。

日々の生活に関する記事はこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました