薬膳ってなに?

薬膳の基本

「薬膳」って
難しそう、まずそう・・
というイメージがありませんか?

ひと言で薬膳を語ることは難しいですが
全然知らないという方にもわかりやすいようにカンタンに書いてみます。

薬膳では
〇〇を食べてはいけない
とか
△△は避けましょう
とか
そういう縛りはほぼないんです。

どんな食材にも、栄養があって性質があるでしょう?

そんな中で
・「今の自分」に合うものを選びましょう
・合わないなら合うものと組み合わせて和らげましょう
という感じで、体に優しいものを摂るということが基本なのです。

じゃあ「今の自分」とはどういうことでしょうか。

まずは「自分の体質」です。
アレルギーがある
とか
冷え性だ
とか。
生まれつきでなくても
子供の頃はよく眠れていたのに大人になってから不眠だとか。

そして「今現在の自分の体調」です。
ふだんは元気だけど風邪気味かな?
とか
最近太り始めたなぁ
とか。
病気ではないけど、ちょっとした変化を感じること、ありますよね。

また「今どんな環境にいるのか」ということもあります。
季節や土地によって気温や湿度やお天気が違います。
温かい地域で生まれ育ったのに寒い地域に転勤になって
体がなじめないということもあるでしょう。
仕事によって
屋内なのか屋外なのか
座りっぱなしなのか力仕事なのか
休憩もとれずに長時間働いているのか
食事が不規則になっているのか・・
などもみんな違います。
ほかにも環境の違いはいろいろ考えられますね。

薬膳とは「今の自分に向き合い食生活を考えること」だと私は思っています。

でも・・そういうことを知らなくても、きっと皆さん自然とやっています。

たとえば
胃が痛いときには脂っぽいお肉よりも消化のいいお豆腐を選ぶでしょう。
寒いときには温まるショウガをつかったスープを飲んだりするでしょう。

これは体調や季節に合わせて食材を選んでいるということ。
薬膳のやり方を皆さん自然と実践しているのです。

だから薬膳をむずかしく考えないでほしいなと思うのです。

薬膳の記事はこちらからどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました