ハーブってなに?①

ハーブのエピソード

ハーブと聞いてどんなイメージがありますか。

§ バジル、ルッコラ、ミントなど、
 香りが強く、洋風の料理につかわれる葉もの。

§ ローズマリー、イタリアンパセリ、ベイリーフなど、
 煮込み料理に香りづけにつかわれるもの。

§ カモミール、ハイビスカス、リンデンフラワーなど、
 ハーブティーとしてつかわれるもの。

すべて正解です。
ハーブには、確固たる定義はありません。

敢えていうなら、強いていうなら・・
「香り高く人間に有用な植物の総称」
といえるかもしれません。

ハーブと関連するものとしてスパイスがあります。

ハーブとスパイスは何が違うのでしょうか。
実はこちらもさまざまな考え方があります。

§葉や花がハーブ
 種子や根はスパイス

§フレッシュなものがハーブ
 ドライなものがスパイス

§西洋のものがハーブ
 東洋のものがスパイス

どれも間違っていません。
私は特別にスパイスと呼びたいとき以外は、
すべてハーブと位置づけています。

野菜とハーブ、果物とハーブ、
ここも明確な境界線をひくことは困難です。
食材をグルーピングするとき、
どちらにも属するものもたくさんあります。

またハーブは西洋のものというイメージもあるかもしれません。
でも、ネギやショウガ、シソといった和のハーブもあります。
私たちが日常でつかっている薬味や香草のようなものもハーブの仲間なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました