電子書籍とは?

電子書籍

電子書籍は、デジタルデータで制作された書籍を、
専用リーダー、タブレット、スマートフォン、PCなどで閲覧するものです。

電子書籍が紙の書籍と大きく違う点は以下の通りです。

①電子書籍は出版社を介さずに出版できる
②電子書籍は印刷の必要がない
③電子書籍は絶版がない
④電子書籍は紙の書籍に比べて印税率が高い
⑤電子書籍は外部リンク、内部リンクをはることができる
⑥電子書籍はリスト(見込み客)を獲得する仕組みをつくりやすい
⑦社会的な権威性は紙の書籍の方が高い
⑧紙の書籍には根強いファンが多い         など

私は、紙の書籍と電子書籍は、
敵対するものではなく別のメディアと捉えていいと考えています。
電子書籍をつくっている私も、紙の書籍がいいなと思うことはたくさんあります。

しかし、紙の書籍を出版するイチバン高い壁、
出版社に認められないと出せない、ということが、電子書籍出版にはありません。
「いつか本を出版してみたい」というあなたの夢を叶えることができます。
誰にでもできます。

そして、ビジネス向けであれば、ブランディングや集客のツール、
または講座のテキストとして使うこともできます。
プライベートでは、半生を綴ったり、趣味の作品やペットのアルバムを
つくることもできます。

出版社を通さずに自由に気楽に出版できる、それが電子書籍の大きな魅力です。

電子と紙の書籍は、それぞれに特徴が違うのです。

電子書籍の出版は多くの可能性を秘めています。

株式会社バジルは、電子書籍の構想段階から出版まで、
あなたの作家デビューをきめ細かくお手伝いします。

これまで、医師、書道家、料理研究家、ヨガインストラクターの方など、
様々な分野の書籍や、写真集、絵本などの電子書籍出版をお手伝いしてきました。

題材は何でも大丈夫! 写真や絵も自由に入れられます。
あなたもご自身の趣味や経験を活かして作家デビューしてみませんか?

サービス一覧はこちらから。
ご興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました