五味

食材の特徴

薬膳の根幹をなす思想のひとつに「五行」というものがあり、
万物は「木・火・土・金・水」という五つの元素からなる、
という考え方に基づいています。
(五行についてはこちら

基本は、「木・火・土・金・水」という五つの元素で、
すべてのものをこのいずれかに分類します。

私たちが感じる味覚もまた、五行にあてはめて考えます。
□味覚(五味)
 木→酸 火→苦 土→甘 金→辛 水→鹹 に対応します。

もちろん、厳密にはこれ以外の味もあります(淡味や渋味など)が、
大きく5つに分けています。

そして食物は、これらのいずれか、または複数の味をもっており、
対応する臓器などに作用すると考えるのです。

それぞれの味覚については、以下よりどうぞ。

酸味  苦味  甘味  辛味  鹹味

このエントリーをはてなブックマークに追加
タイトルとURLをコピーしました