5月の薬湯・ショウブ

薬湯・ハーバルバス(Herbal Bath)

毎月1日は、日本で古くから親しまれている「薬湯(やくとう)」をご紹介しています。
薬湯は、英語では「Herbal bath(ハーバルバス)」のこと。
ハーブのチカラはお風呂でも大活躍です!

さて5月におススメのハーブは・・ショウブです。

【名称】ショウブ(菖蒲)
【学名】Acorus calamus L.
【種類】サトイモ科ショウブ属・多年生草木

これが・・サトイモ科のショウブ。

真ん中に写っているのがお花です。

え・・地味・・

端午の節句には美しいこんなお花を飾りますよね。

こちらは「ハナショウブ」といってアヤメ科アヤメ属の植物なんです。

「ショウブ」という名がついているのにずいぶん違いますね。

いずれアヤメかカキツバタ

ふたりの美人の優劣つけがたい様子を表した言葉ですが
これらはハナショウブに似た美しい花です。
ちょっと紛らわしいですね(笑)

アヤメ科アヤメ属のハナショウブは美しい花ですが、香りは今ひとつ。

サトイモ科ショウブ属のショウブは花は地味ですが、香り豊かです。

□ショウブ湯の入れ方

 ショウブの葉・根茎をよく洗いそのままお風呂に入れる
 または
 ショウブの葉・根茎を刻んで鍋に入れ、水を加えて沸かし、
 20分ほど煮だしたら漉してお風呂のお湯に加える

その香りは、葉や根茎に含まれる
「アサロン」や「オイゲノール」などの成分です。

鎮痛作用
血行促進
防虫
などの薬効があるといわれます。

根茎は、漢方薬(白菖、菖蒲根)にもなっています。

「ショウブ(菖蒲)」は、その音が「勝負」や「尚武」に通じます。
またその葉の形が、刀に似ているとされます。

そこで男の子のお祝いとして、江戸時代から端午の節句には、「菖蒲湯」に入る習慣になったということです。